MENU

病院での治療法

歳をとると、首にぽつぽつと首イボができてきます。

 

放っておいても問題ないと言われてはいても、やはり気になりますし、放っておいたら大きくなったり増えてしまうかもしれません

 

治せるものなら治したい、でも、皮膚科に行ってお金をたくさんとられるのも嫌だし・・・。
そんな悩みを抱えている方のために、ここでは皮膚科での治療法やその費用についてご紹介します。

 

治療費はいくらかかる?

 

首イボを皮膚科で治療するのに費用はいくらかかるのか?
それはそのまま、その人の首イボがどの程度の症状なのかによって変わってきます。

 

そしてそれは、治療法の違いにもよるわけです。

 

費用がいくらかかるか。
それは、イボの切除のためにどのような治療をしたのかということとかかわってきます。

 

基本的に、イボが小型の場合には、冷凍療法や炭酸ガスレーザーでの施術が行われます。

 

液体窒素の治療費

前者は液体窒素でイボを壊死させる方法、後者はガスレーザーでイボの皮膚を焼き切る療法となります。
どちらもそれほど時間がかからず、痛みもありません。

 

治療費としては、冷凍療法の場合ですとトータルで4,000円くらいからになります。(診療代は別です)
これには保険による差し引きも含まれています。

 

炭酸ガスレーザーの治療費

炭酸ガスレーザーの場合は保険の適応がなく、治療代としては5万円ほどかかります。
高いですけどその分効果は絶大です。

 

ただし、イボが数個くらいで、大きさもそれほどでなければ、冷凍療法で事足りる場合が多いのも事実です。

 

小型のイボに対して炭酸ガスレーザーを用いることはほとんどないと思って良いと言えます。

 

先生がハサミでチョキン!

また、あまりにも症状が軽い場合には、単にハサミで切ってしまう場合もあります
その場合には、治療費もほとんどかかりません

 

自分でハサミで切っちゃうという人もいるようですが、自己責任でやりましょうね。

 

→自宅での治療法はこちら

 

手術になると高額に!

イボが大型のものになりますと、さらに複雑な手術をすることもあります。
単なる切除だけではなく、局部麻酔などの費用も含まれますから、さらに高額になる場合もあります。

 

このあたりの金額もイボの大きさや数によって左右されます。

 

アクロコルドン(スキンタッグ)などは小型のイボですから、治療費はそれほどかかりません。

 

ですが、大型の老人性イボや、軟性線維腫と言ったものになりますと、ハサミはもちろん冷凍療法でも治療が難しくなりますから、どうしても炭酸ガスレーザーや手術と言った治療法でなければ治せない場合もあります。

 

 

保険適応と非適応の違い

上でも少し述べましたが、イボの治療にも保険適用のものと、そうでないものとがあります。

 

具体的には、ハサミでの切除と冷凍療法が保険適用となり、炭酸ガスレーザーでの治療が非適応となります。

 

治療法にも保険の利く治療とそうでない治療があるため、費用にも差がでてしまいます。

 

もちろん、この辺りが不明であれば、医師が説明してくれますから心配はいりません。

 

手術の場合や、炭酸ガスレーザーでの治療は高額ですからなおさらです。

 

行ってみたらろくに説明もなく大金を支払う羽目になってしまった、と言ったことはありませんから、そこは安心してください。

 

 

再発のリスクはないの?

基本的に、良性のイボであれば、治療後に再発することはめったにありません

 

もちろん、治療後に患部に変な刺激を与えたり、雑菌が入ってしまったり、医師の言いつけを守らなかったりすればその可能性もないではないですが、大概のイボは治療の時点でほとんど治ったようなものですから、心配はありません。

 

治療の際に出血したりもしませんし、簡単な軟膏を塗れば患部に問題はないという場合がほとんどです。

 

ただし、再発ではなく、別の部位にイボができるということはあり得るでしょう。

 

首イボというのは年齢を重ねると出てくるものになりますから、再発しないからと言って、気をぬいていいと言うことにはなりません。

 

イボの治療は非常に局所的なものであり、その発生自体を根本から治すと言った性質のものではありません。

 

ですから、「治療を受けたから、もうイボには悩まなくて済む」と言った安易な想像は間違っており、イボが治った後も生活習慣などが変わらなければ、別の個所にまたできる可能性はいくらでもあります。

 

 

再発にならないためには、イボの原因となる要因から身を守るように心がけることが必要です。

 

肥満の人であるなら適度な運動を心がけるとか、服が首元を刺激しないように、肌触りの良い生地の服を着るとか、生活の中で習慣的に気を付けていく必要があります。

 

紫外線を浴びすぎないように、日焼け対策をしっかりすることも大事です。
→首イボの原因を詳しく見る

 

 

ただし、これはイボが良性の場合の話です。
イボが悪性の場合には、再発の可能性がありますから注意しなくてはなりません。

 

水イボなど、悪性のものは感染しますから、医師の診断をよく聞いて、再発防止に努めなくてはなりません。
この辺りは個人の体質によっても再発しやすさが変わってきますからなおさらです。

 

 

以上、首イボの治療を皮膚科で受ける際の費用や治療法、そのほかの注意事項について説明しました。

 

イボは放っておけば増えても来ますから、早めに治療すれば費用もその分抑えられます。

 

目立たない場所ではありますがこまめに気にするようにして、早期治療を心がけて行きましょう。

私が選んだのはこのオールインワンゲル!

病院に行く前に試して欲しいのが艶つや習慣というオールインワンゲルです。
アクロコンドンやスキンタッグなどの小さいイボで痛みや痒みがないなら、使って見る価値はあるかも!?


肌のポツポツがポロリ!となるように杏エキスとハトムギエキスが配合されています。
さらに、プラセンタやヒアルロン酸、アロエベラなどの美容成分もたっぷり入っているので、年齢肌にもピッタリ
私は、病院でとってもらっても繰り返しポツポツができることもあるので、予防のためにも首やデコルテケアに使っています

→艶つや習慣を使って見ました